尾張七宝 神田 亘 (名)丹陽商店


尾張七宝
神 田  亘さん (名)丹陽商店

 
 

仕事の概要
 7種類もの分業のある七宝の製造工程の中で素地に釉薬(ゆうやく)を施す「施釉(せゆう)」を担当しています。釉薬を施すことが七宝の特徴のひとつでもあり、1日の作業時間のほとんどをこの施釉にあてています。
仕事を始めたきっかけ
 通学していた学校の求人情報で七宝と出会いました。モノをつくることが好きな私にとって、とても魅力を感じました。仕事を始めて50年程経ちますが、未だ続けられているのも七宝の職人が自分にあっているからだ思っています。
仕事への想い
 七宝の工程の中でも彩色が最も重要な工程であり、苦労しているところでもあります。図案通りの色を出すのが非常に難しい中で、私は図案の色を忠実につくることを心がけています。
ひとこと
 七宝の製作というものは工程がとても多く莫大な時間を要するものであり、苦労が多い事はあまり知られていないと思います。七宝という製品の魅力をもっとみなさんに知ってもらえると嬉しく思います。

▲ページトップに戻る