名古屋提灯

提灯の歴史は古く、遠く室町時代にさかのぼるといわれ、江戸時代には盆供養に提灯を使う風習が生まれ、盛んにつくられるようになりました。 名古屋提灯は、明治初期には貴重な輸出品としてもてはやされ、全国一の生産を誇った時期もあったといわれます。現在は、盆提灯、観光土産用(地張提灯)、お祭・神社仏閣・看板提灯などが多く生産されています。
NAGOYA CHOCHIN(Paper Lantern)
Traditional Japanese lanterns made of a paper covering on a thin bamboo frame have distinctive features, and Nagoya Chochin has been valued highly for its delicate hues, graceful floral paintings and highly sophisticated form.

産地組合名
名古屋提灯製造組合
所 在 地
451-0025
西区上名古屋1-11-5
連 絡 先
TEL:052-528-5360  FAX:052-522-6109
主な製品
盆提灯、祭り提灯、照明器具

産地組合構成企業一覧

 
事業所名
郵便番号
所在地
電話番号
事業形態
1 (資)大橋提灯製作所 460-0021 中区平和1-12-9 052-321-7314
製造・卸
小売
2 距髏エ提灯製作所 453-0811 中村区太閤通4-13 052-471-7263
製造・卸
小売
3 (資)清好社 455-0003 港区辰巳町1-38 052-653-0881
製造・卸
小売
4 級創作工房 451-0025 西区上名古屋1-11-5 052-528-5360
製造・卸
小売
5 渇。重商店 460-0017 中区松原3-10-13 052-331-8096
製造・卸
小売
6 虚囃J商店 467-0864 瑞穂区豆田町3-5 052-881-9237
製造・卸
小売

▲ページトップに戻る