木  桶

桶の発祥は古く、天の岩戸の前でアメノウズメノミコトが桶の上で舞ったと古事記に記されています。 当地においても、富嶽三十六景「尾州不二見原」に描かれている様に、江戸時代には、尾張藩所領の木曽椹(サワラ)を用いて桶の製造が盛んになりました。旧桶屋町には、藩御用達の桶職人が多く住んでいたといわれています。
KIOKE(Wooden Bucket)
These simple but elegantly-designed containers made of blonde colored wood banded in bamboo or brass, are still seen in modern-day Japan. Nagoya has been a center of the wooden bucket production thanks to the nearby cypress-abundant Kiso mountains. Even though these containers have a basic purpose. Their lovely grain and scent endow them with aes-thetic appeal.

産地組合名
名古屋桶工業組合
所 在 地
454-0848
中川区松ノ木町2-15
連 絡 先
TEL:052-361-6751  FAX:052-361-6751
主な製品
飯切、飯櫃、樽、木製品一式(まな板、桶たいこ、木製せいろ、エサ桶、桶一式)

産地組合構成企業一覧

 
事業所名
郵便番号
所在地
電話番号
事業形態
1
水谷桶製造卸店 467-0856 瑞穂区新開町3-1 052-881-7816
製造 小売
2
木桶の栗田 454-0848 中川区松ノ木町2-15 052-361-6751
製造 小売
3
伊藤桶店 456-0077 熱田区幡野町18-4 052-671-9448
製造 小売

▲ページトップに戻る